弦楽器(バイオリン・ビオラ・チェロ・コントラバス)のお手入れについて

バイオリンなどの弦楽器はとても繊細です。
日頃からのケアで楽器のトラブルを防ぎましょう。

楽器を弾いた後は必ず、汚れを拭き取りましょう。
弦楽器は弾いている間に、手の脂・汗、松脂の粉が付着しますので、そのまま放置してしまうと 楽器を痛めてしまいますので、楽器をしまう前に柔らかい布(出来れば楽器専用の布)で乾拭きしましょう。 特に指板は指の脂・松脂の粉が沢山ついている事が多いのでしっかり拭き取りましょう。弓も同様、やさしくスティック部分を乾拭きします。

既に汚れがひどい場合はクリーナーを使いますが、研磨剤が入っているクリーナーは汚れが良く落ちますが ニスを剥がしてしまう事があるので研磨剤が入っていないクリーナーを選ぶ方が良いでしょう。 クリーナーを乾いた布に取り、汚れを拭き取り(強く擦らないでください)乾拭きしましょう。

ケースにしまい保管します。
保管場所に適しているのは、安全な場所は勿論ですが、バイオリンなど弦楽器の適した湿度は50%前後ですので なるべく、それに近い状態の場所が良いです。
高温の場所はニスやニカワが溶けてしまったり、湿度の上下が激しい場所ですと楽器に歪みが生じたり、割れる危険性がございますのでご注意ください。
また、しばらく放置してしまいますとカビなどが発生してしまうこともございます。一度生えてしまったカビはまた生えてきます。良い状態を保ち楽器の不調や変化にも気づくためには、マメに弾いてお手入れしてあげる事が一番です^^

楽器の調子が悪いときは、早めに専門家に相談しましょう。放置してしまうと症状が進行し大掛かりな修理になり修理費用が高額になってしまうこともございます。出来れば毛替えの際などに楽器の健康診断もしてもらいましょう。

毛替えのタイミング

毛替えの頻度は演奏の仕方や使用頻度によって様々です。プロの方は1〜2ヶ月で毛替えする方もいれば数年毛替えをしない方もいますが、毛替えをしばらくしていないと毛が切れやすくなり毛が減っていたり、ダラッと伸びてしまっていたり、フロッグ側の毛が手垢や積もった松脂で黒ずんできたりします。しばらく毛替えをしていないと音量も小さくなっていたりします。
使用頻度が少なくても毛は古くなっていきます。最長でも1年に一回は毛替えをしましょう。 毛替えの時期としてはなるべく湿度が安定いている時期が良いです。